湖西の浜で50UP/琵琶湖おかっぱり 2020.10.30

こんにちは、なっかむです。😎

今週も飽きずに琵琶湖北湖へ行ってきました。朝一はいつもの大浦周辺で、ディープエリアのジグ遊び。

この日は良型のスクールが入っており、3時間で40UP×3と30前後がポツポツ。

ただ先週まで釣れていた25cm前後の子バスがほどんど当たらなくなりました。そろそろ秋の数釣りも終盤と言った感じですね。

ルアーはいつものTGブローにビビビバグ3.2incの黄金コンビです。

¥880 (2022/03/06 01:32時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

午後からは湖西の浜へ

午後からは、超が付くほどメジャーな和邇川河口へ。

相変わらずの人の多さでしたが、ここはディープの回遊待ちなので空いてる場所へ入らせてもらいました。

リグはもちろんヘビキャロ一択。この場所はできるだけ飛距離を稼ぎたいので、ワームは抵抗の少ないZOOMのカーリーテールを使用しました。

アクションは沖へフルキャストしての放置。この場所は基本湖流が強いので、自発的に動くワームでドリフト気味に釣ることが多いです。

バイトが出たのは釣り始めから2時間ほどたった16時頃。

ダルダルラインが、スーっと持っていかれたので渾身のフッキング。かなり重量感があったので特大を期待したのですが、長さは大した事なく50cmちょい。ただ秋の魚だけあってコンディションは抜群でした。

午後の部はこの1本で終了。
実はもう1バイトありましたが、当たりを聞いてる最中に吐かれてしまいました。😓

最後に

魚が移動したのかも知れませんが、奥琵琶湖は子バスの反応がちょっとイマイチ。朝方は気温が一桁台にまで落ちる日もあるので、そろそろ数釣りシーズンも終盤という感じですね。

ただ体力のある良型はまだまだ元気で、水面近くでハッチするハスっ子へのボイルも数発見れたので、まだまだ冬の釣りはしなくて良さそうです。

また、午後から行った湖西ですが、個人的に好きなのはこの晩秋シーズン。観光客が居なくなった浜で、ディープを回遊する大型バスが狙えます。

エリア的には、今回行った和邇川〜近江舞子辺りまでが個人的にはオススメ。コンスタントに数が狙える湖北に行くか、湖西で特大狙いをするかエリア選択で迷うシーズンですねー。

ではでは👋

¥1,705 (2022/12/15 23:07時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次