下物でバイブ巻いて何とか1本/2021.3.14(琵琶湖ボート)

お久しぶりです、なっかむです。

冬場はずっーとエリアトラウトに行っていましたが、そろそろ巻物で釣れんかなと今季初の琵琶湖へ行ってきました。

今回釣りをしたエリアは春の定番である赤野井と下物のみ。

久々のバス釣りなので、リハビリも兼ねてロッドは巻物用のグラスロッド2本。ルアーもクランクとバイブを永遠巻いてきました。

結果から言うと下物のシャロー(烏丸半島の岬より内側)でバイブを巻いての1本のみ。サイズはヨンパチぐらいでしたが、お尻は真っ赤でプリスポーンのメスです。

この日は大潮2日目だったのでやや期待していましたが、シャローに魚はまだ少ない感じ。次の大潮にはかなりの魚が差してくると思うのでそれに期待です。

あと昨年との違いですが、昨年は赤野井や下物のシャローフラットにササバ藻がポツポツと残っており、そこにプリの魚が付いているイメージでしたが、今年は藻狩りや寒波の影響か、シャローに残るウィードはほぼありませんでした。

今年の東岸シャローはミオ筋などの浚渫や目に見えるストラクチャーを打つ方が強いかも知れませんね。

ではでは👋

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次