【エリアトラウト】関西のおすすめ管理釣り場5選を紹介します。

こんにちは、なっかむです。😎

以前に仕事の関係で関東に住んでいた時期があり、その際にどハマりしたのがエリアトラウトでした。

関東には及ばないものの関西にもトラウトの管理釣り場がたくさんあり、地元関西に帰った現在もウィンターシーズンには足繁く通っています。

そこで今回は関西圏にある勧めのトラウト管理釣り場5選を紹介したいと思います。

目次

レギュレーションについて

レギュレーションとは、それぞれの管理釣り場で設けている規則や禁止事項です。

関西の管理釣り場では、関東ほど厳しく設定されているところは少ないですが、例えば次にご紹介する千早川マス釣り場では、全長9mm以下のルアーやフェザージグ(毛付きルアー)の使用が禁止となっています。

釣り場へ行く前には各HPをチェックし、その釣り場のレギュレーションを確認しておくことをお勧めします。

リリーサーは必須アイテム

持ち帰る場合は別として、キャッチアンドリリースを前提としたエリアフィッシングにおいてはリリーサーは必須アイテムです。特にマス類は人間よりも体温が低いため、素手などで触ると火傷を負って、最終的には死んでしまいます。

エリアフィッシングに行く際は、魚体に触れなくてもフックを外せるリリーサーを必ず用意しましょう。

¥3,465 (2022/02/10 19:14時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
¥1,210 (2022/02/10 19:10時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

千早川マス釣り場(大阪府)

トラキンなどメジャーな大会も開かれる、関西の老舗ポンドです。

ポンドは上池と下池の2つの池に分かれており、共に水深は1〜1.5mほどで水質はクリア。大会も開かれるということもあり、25cm前後のトラウトが常時大量に放流されています。

平日は分かりませんが、休日は放流もあるため、放流狩り〜セカンド〜サードとパターンを組みながら、終日飽きずに釣りが楽しめます。

クリアかつ水深も浅いということもあり、釣り方はマイクロスプーン(1g以下のスプーン)を使ったサイトフィッシングが個人的にはおすすめ。ノリーズのウィーパーやロデオクラフトのブラインドフランカー、最近だとニュードロワーのハントなどで遊んでいます。

また千早川と言えば、ハンクルのザッガーやスミスのSTILLなどのミノーを使ったマジックジャーク(ストップ&ゴー)が非常に効くことでも有名です。

過去の大会ではウィングパターンにもなっているため、何をしても釣れない悶絶時には試してみるのもアリですよ。

¥1,430 (2022/02/10 19:18時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

千早川マス釣り場の参考動画

ロデオクラフトのノブさんが、千早川で効くテクニックを紹介されています。

上にも書いたマジックジャークについても紹介されているので、非常に参考になる動画だと思いますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次