ノリーズ /スパイクアロー60M-Tzをインプレ

こんにちは、なっかむです。

今回は放流魚用に購入したノリーズのスパイクアロー60M-Tzをインプレしたいと思います。

かなり尖ったロッドにはなりますが、クリアウォーターでの放流狩りには最高のパフォーマンスを発揮するロッドです。

購入を検討されている方は、良ければ参考にしてもらえると幸いです。

目次

スペック/外観

レングスパワーラインルアー自重プライス
6フィート(182cm)L(ライト)1.5〜4lb0.9〜5.6g78g¥54,000-

外観

特徴的な3ピースロッド

バス用かと思うほどの硬さとハリのあるロッドですが、多関節を持たせた3ピーズデザインによって魚を掛けた際にはロッド全体がしっかりと曲がり、高弾性ロッドのデメリットであるバラシ率の軽減を図っています。

詳細は公式HPをご覧ください。

ナイロンラインがベストセッティング

私は16ヴァンキッシュ2000Sにナイロン3lbのセッティングで使用しています。

フッキング時の合わせ切れなどもなく、ナイロンのクッション性も相まってキャッチ率は非常に高いです。このロッドにはナイロンラインがベストなセッティングだと思います。

また、自分はクランクも使用したいのでリールはノーマルギアを使っていますが、放流魚のみで使用する場合はハイギアリールを組み合わせるのも面白いのではないでしょうか。

使用感について

私の住む関西エリアだと、醒ケ井養鱒場などの鱒が大量に放流されるポンドでは無類の強さを発揮するロッドです。

様々な喰い方をする高活性な放流魚のバイトに対して有無を言わせぬカウンターフッキングをかまし、掛けた後はロッドのパワーでゴリ巻きし一瞬でネットイン。

フッキングからキャッチに至るまでのスピードは、恐らく現存するトラウトロッドで最速かと思います。

また6フィートのレングスも絶妙で、ロングキャストはもちろんのことサイトで多用するショートキャストの精度が抜群です。

目の前に放流魚を発見したらチョイっと投げて、カツーンっと掛けて、数秒でネットに入ってます。

私が使いやすいと感じるウエイトは2~3g台のスプーン。たまに1.8gも使いますが、それ以下のウエイトは使えなくもないと言った感じです。

最後に

高活性な放流魚を掛けていくという明確なコンセプトの上で設計されたロッドなので、状況にマッチすれば最高のパフォーマンスを発揮します。

1日の内でそこまで使用頻度は高くありませんが、放流魚を硬めの高弾性ロッドでバシバシ掛けていく釣りには中毒性があり、一度使うと病みつきになってしまいます。

放流狩りに特化したロッドを探している方にはおすすめの1本だと思いますよ。

ではでは👋👋

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次