ロデオクラフト /ブロンズウルフ62ML-TRZをインプレ

こんにちは、なっかむです。😎

今回はブロンズウルフの新作、62ML-TRZのインプレをしたいと思います。

購入を検討されている方は参考にしていただけると幸いです。

目次

外観と62L-TRZとの比較

グリップ径がφ23.5に

これまでのブロンズウルフと比較し、グリップの線径がやや細めのφ23.5に変更されています。

人によって好き嫌いはあるかと思いますが、個人的には非常に握りやすく、1日使っていて手が疲れにくくなりました。

62L-TRZもこの線径のモデルを出して欲しいぐらいです。

ガイドが小口径ガイドに

上が62L-TRZで下が62ML-TRZです。

エステルラインの使用も視野に入れて開発されただけあり、62L-TRZよりも小口径のトルザイトガイドが採用されています。

特にグリップ側の元ガイドはかなり小さくなっており、ガイドが軽量化された分ロッドにハリが出た感じです。

62L-TRZとの比較

2枚とも上が62L-TRZ、下が62ML-TRZです。

個体差もあると思いますが、62L-TRZよりも全体的に落ち着いたトーンとなっています。

特にシールシートのカラーが大きく変更され、ブランクスも若干ですが深みが増した感じです。

使用感について

他のMLロッドと比べるとマイルドな乗せ系ロッドである事に変わりはありませんが、ガイドの小口径(軽量)化によってこれまでのブロンズウルフとは竿のテイストが幾分変わった感じ。

特に竿のシャープさはかなり上がりました。

私は1.7~3g程度のスプーンをメインに使用していますが、マイクロスプーン(アンダー1g)の操作性も非常に良いです。

またロッドのハリを生かして引き抵抗のあるクランクベイトやボトム系もこなせる為、汎用性は非常に高いロッドだと思います。

最後に

ブロンズウルフは初代の62L-Kから使用してきましたが、NEWモデルが出るたびに様々な点がブラッシュアップされていくので使用する方も楽しいですね。

値段はそこそこ高いのですが、それに見合った性能やコスメで所有欲も満たしてくれるロッドなので、購入して後悔はないと思いますよ。

ではでは👋

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次