春の琵琶湖の定番、スイムジグの使い方とおすすめのジグ&トレーラーを紹介

こんにちは、なっかむです。😎

今回はこれから春にかけて活躍するスイムジグについて書いていきたいと思います。

目次

スイムジグとは

スイミングジグやスコーンリグとも呼ばれるこの釣り方は、ロングシャンクのフットボールジグに大型のシャッドテールワームを装着し、中層に浮く春のプリスポーンを釣る方法として2005年頃から流行り始めました。

そこからすり抜けの良いヘッド形状やブラシガード付きのスイムジグが発売され、今ではオールシーズン使えるメゾットとして定番化しています。

ウェイト別に揃えておけばオールレンジに対応し、かつクリアウォーターでもバイトを出せる事から、非常に守備範囲の広いルアーの1つです。

スイムジグが最も効果的なのは2月から5月

オールシーズン使えると書きましたが、もちろんスイムジグにも旬な時期があり、それが2月〜5月上旬ごろまでのプリスポーン期。

春にスイムジグが効く理由として良く言われるのは、「春の魚は浮いているから」「ボリュームのあるベイトを好むから」などが言われますが、その辺は魚に聞いてみないと分かりません。笑

ですが越冬場所から春っぽいポジション(シャローやハンプ、ミオ筋など)に差してきた魚に対してスイムジグが強烈に効くことは確かなので、この時期は使わないと損なルアーの1つです。

また以前は12月頃から南湖のボディウォーターラインで始まる氷魚パターンでもよく使われていましたが、近年はアラバマリグにおかずを奪われたイメージです。

基本的な使い方

スイムジグの名前の通り基本はただ巻きで使用します。

狙うレンジやシチュエーションにもよりますが、私は一度ボトムをとってから巻き始める事が多いです。

任意のレンジを一定に巻いてくるのがセオリーですが、ロッドを立て気味にし、ボトムから斜めに上げてくる「巻き上げ」や、動きが破綻するギリギリの速さで巻く「早巻き」が効くときもあるので、その日の状況に合わせて色々試してみるのもスイムジグの楽しみ方の1つですね。

またおかっぱりだとリーリングでのズル引きも有効だったりします。

ウエイトの選び方

水深別ですと1~2.5mまでは3/8oz、2.5~4mまでは1/2oz、それ以上だと5/8ozを使うことが多いです。

ただしこれも状況次第で、2m前後のシャローを重めの1/2ozで早巻きすると連発なんてこともあるため、ウェイトは各種揃えておく事をお勧めします。

おかっぱりで使用する場合はラインに角度が付きにくく浮き上がりを抑えられるため、1/4ozの出番が多くなると言った感じです。

カラーについて

スイムジグのカラーは大きく分けて「ブラック」「チャート」「ナチュラル」の3種類に分けられます。

正直カラーについては自分が釣れそうと思う色で良いとは思いますが、ブラックについては激濁り時に強烈に効くことがあるので、1つ持っておくと良い思いを出来ることがありますよ。

タックルについて

ロッドについては、7フィート前後のMHクラスでファーストテーパー寄り(ワーミング系)のロッドが扱いやすいと思います。

¥43,945 (2022/01/23 02:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ジャンル的には巻物なのでレギュラーテーパーでも良い気もしますが、ジグのウエイトに対してティップが入り過ぎるとレンジコントロールや操作がしにくくなるため、私はハリのあるワーミング系のロッドを好んで使用しています。

組み合わせるリールについてはノーマルギアか出来ればローギアリールがお勧め。

¥27,713 (2021/12/22 22:26時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

巻き上げトルクのあるリールを使用するとリーリングが軽くなるため、レンジコントロールがしやすくなる、ストラクチャーへのコンタクトが分かりやすくなるなどのメリットがあります。

この2点はスイムジグで釣果を伸ばす重要なポイントでもあるため、スイムジグが苦手、釣ったことないという方は一度ローギアリールを試してみるのもアリだと思いますよ。

バイトの出方からフッキングまで

スイムジグのバイトの出方は色々ありますが、大きく分けると以下の3つです。

1)コンッというジグ系バイト
2)ラインがフッとたるむ、いわゆる消える魔球バイト
3)コンッココンとテールを突く様なバイト

1)2)のバイトに関してはジグごとバキュームしている可能性が高いので、軽ーく聞いて喰ってるのを確認したのちにフッキングをしています。

問題なのは3)のテールをこつく様なバイト。

経験上、このバイトを出しているのは小型のオスが多いのでサイズは期待出来ませんが、どうせなら釣りたいですよね。

このコツコツバイトをフッキングさせるコツは、バイトを無視して巻き続けること。変にリーリングを止めるなどはせず、バスがしっかりルアーを咥えるのを信じて一定に巻き続けます。

運が良ければコツコツバイトが1)2)のバイトに変わるため、そこから巻き合わせでフッキングすると言った感じです。

また仮にフックアップしなくても、そのエリアやラインに魚が居たという貴重な情報になるため、再度時間を空けて入り直したり、バイトを出したのはオスだと仮定してもう一段深いラインを狙ってみるなど、1日の釣りを組み立てるファクターになると思います。

おすすめのスイムジグ

それでは私が使用しているおすすめのジグとシャッドテールワームを紹介したいと思います。

LOOP/スイミングマスター

琵琶湖でスイムジグと言えばスイミングマスターというほどの定番ルアーです。

スイムジグに求められるレンジキープ力とウィード回避能力を高次元でクリアしており、ウィードフラットを広く探る釣りに適しています。

ウエイトも6種類(3/16,1/4,3/8,1/2,5/8,3/4oz)がラインナップされているので、シャローからディープまで幅広い状況に対応可能。

とりあえずこれ買っておけば間違いない系のルアーです。

¥759 (2022/01/26 18:47時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ジャクソン/バレッジスイマーAE

こちらも琵琶湖のスイムジグでは定番のルアーです。

上で紹介したスイミングマスターとの使い分けですが、個人的には障害物の回避能力や早巻き時の安定性はバレッジスイマーに分があると思っているので、シャローでスイムジグを使う際はバレッジスイマーを多用しています。

価格も比較的安くおすすめのジグです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ザップ/PDチョッパーJr

フォールスピードが遅いため、ボトム付近をデットスローに巻きたい時に使用しています。また独特のヘッド形状は水をしっかり受けるため、ルアーの引き抵抗を感じやすいのも特徴。

元々はボトム用のフットボールジグとして作られているため、ボトムでのズル引きやステイ、リフト&フォールなど、スイミング以外でも多種多様な使い方ができるジグとして重宝しています。

主におかっぱりで使う事が多いジグです。

ハイドアップ/カルラバ

特に春のおかっぱりでおすすめしたいのが、ハイドアップのカルラバです。

このジグの特徴はヘッドにプラスチック素材を使用し、ボリュームを確保した上でウエイトだけが軽い点。

写真は旧モデルになりますが、このボリューム感でもジグ単体ウェイトは僅か1.5g。シャッドテールワームと併せれば、春先の激浅シャローやリップラップを超デットスローに引いてくることが出来ます。

少し特殊なルアーなのでシチュエーションは限られますが、ハマった時の爆発力は半端ないので紹介させてもらいました。

組み合わせるトレーラーはアンモナイトシャッドの4.8インチがお勧めです。

¥825 (2022/03/06 01:00時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

スイムジグのおすすめトレーラー

ケイテック/スイングインパクトファット4.8

海外でも高い評価を得ている、ケイテックの名作ワームです。

名前の由来でもある強いウォブルアクションは水中でもしっかりと魚にアピールするため、広範囲をサーチするのに非常に向いています。

動きの速度域も広く、デットスローから早巻きまで対応するため、オールレンジでオールシーズン使えるシャッドテールワームです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ハイドアップ/スタッガーオリジナル5インチ

スコーンリグ=スタッガーオリジナルというほど定番のワームです。

スイングインパクトと比較するとアクションは大人しめなロールアクションなので、クリアアップやハイプレッシャー時に投入する事が多いですが、正直この辺は好みで良いと思います。

¥918 (2022/02/18 20:14時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ジャッカル/アンモナイトシャッド4.5・5.5インチ

超デットスローに引いてもテールが動き続けるシャッドテールワームです。

浮き上がりやすいボディ形状なので、おかっぱりでシャローをゆっくり引きたい場面で重宝しています。

¥946 (2022/02/18 20:17時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
¥1,129 (2022/02/18 20:21時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ボトムアップ/ヴァラップスイマー4.2インチ

細かいハイピッチロールが特徴のシャッドテールワームです。

最近使い始めたワームなので偉そうな事は言えませんが、動きやカラーリングはクリアウォーターで強いワームだと思います。

バランス的にはスイミングマスターのと組合せが一番しっくりきたので、クリアアップ時に速巻きで釣っていくのに良さそうなワームです。

¥869 (2022/03/06 00:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回はホームの琵琶湖で実績のあるルアーだけを紹介させていただきました。

スイムジグをする際の参考にしてもらえると幸いです。

ではでは👋

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次