今更ですが・・・18アルデバランMGLをインプレします。

こんにちは、なっかむです。😎

突然ですが、シマノのアルデバランMGLというリールをご存知でしょうか。

メタニウムとアルデバランBFSの中間を埋めるリールとして、2018年の発売当初から気に入って使っているのですが、実はボート・おかっぱりを通してこれまで使っている人に出会ったことがありません。。。

あまり需要があるとは思えませんが、中古品の購入を検討されている方も居るかもしれないので軽くインプレをしたいと思います。

目次

スペックと外観

品番ギア比最大ドラグ力自重スプール 径/幅糸巻量ナイロン(lb-m)
30(RIGHT)6.54.5kg135g32mm/22mm8-100,10-90,12-65
31(LEFT)6.54.5kg135g32mm/22mm8-100,10-90,12-65
30HG7.44.5kg135g32mm/22mm8-100,10-90,12-65
31HG7.44.5kg135g32mm/22mm8-100,10-90,12-65

現行リールでは最軽量の135g

このリールの最も優れた点の1つです。

最新の20メタニウムですら175gなので、さらに40gも軽い135gはまさに異次元。

購入当初は感動したのを覚えています。

特にベイトフィネス系のロッドは自重が軽いものが大半なので、合わせるリールによってロッドのテイストがかなり変わってきます。軽いロッドにはやはり軽いリールがベストだと思います。

これだけ軽いので本当はMHクラスのロッドに14lbとかを巻いて使いたいのですが、いまいち剛性感に欠けるため、自分はベイトフィネス寄りのワーミングロッド用として落ち着きました。

使用したインプレ

ベイトフィネスリールで使うような1/8ozクラスのルアーも投げれなくはないですが、1/4〜3/8ozが最も使いやすいウェイトです。

私はハートランド722MRBにフロロ10lbのセッティングで使ってきましたが、リールが軽いので7フィート台のロッドでもシングルハンドで楽に扱え、繊細なワーミングが快適に操作できます。

また32mm径の軽量スプールは立ち上がりが非常に良く、それがシマノの遠心ブレーキとも相まって、軽い力でキャストしたルアーがシューッと伸びていくキャストフィールはとても心地よいです。

HGモデルを使用していた事もあると思いますが、巻き感に関しては今ひとつ、、、と言うか良くありません。

なのでハードベイトで使用するのであれば巻き抵抗の少ないミノーやトップウォーターに使用するロッドに合わせるのがベストだと思います。

最後に

このリールが発売されたのが2018年なので、実はバンタムMLGと同期のリールです。

バンタムは今でも釣具屋のショーケースの最前列に並んでいますが、一体この差は何なのでしょうか。。。

とは言え人気がない=悪いリールという訳ではなく、単に市場のニーズにマッチしなかったというだけで完成度は非常に高く、変えの効かないお気に入りのリールの1つです。

それでは少しまとめます。

ベイトフィネスロッドとの相性は抜群
使って快適なウェイトは1/4〜3/8oz
ワーミング向きで、巻き抵抗のあるハードベイトには不向き
糸巻き量を調整すればベイトフィネスリールとしても使用可

以上です。

ではでは👋👋

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次