春の琵琶湖で2日連続ボーズ・・・/2024.3.16.17(琵琶湖ボート)

アフィリエイト広告を利用しています

こんにちは、なっかむです。

週末に2日連続でボートを出してきました。特に土曜日は晴天無風の釣り日和で、湖上も今季1番の混み具合だったと思います。

ただ釣果の方はお寒く、まさかの2日続けてのボーズ・・・。

正直思い出すのも嫌ですが、せっかくなので書いていきたいと思います。

初日はのんびり9時に出船。朝のうちは若干風がありましたがそれも次第に収まり、日中は20℃を超える春の陽気となりました。

まずはマリーナ近くにあるリーズ周りからスタート。

アシ際やその周辺をビックベイトで流していきますが魚っ気はなし。水温もまだ10度以下だったのでまだ早いようです。

次は木浜1号水路前へ。

ここは春らしくスイムジグと3.5gのライトテキサスで浚渫周りやフラットに生えるウィードの新芽を狙っていきますが反応なし。

そのまま佐川前の浚渫までやりましたが、バイトはありませんでした。

午後からは少し南下して下物インサイドへ。ここは自分の春の鉄板エリアです。

例年のようにバイブレーションやチャターで広範囲を狙っていきますが・・・やっぱり反応なし。

こんないかにもって感じのスポットもやりましたが、魚っ気はありませんでした。

最後は赤野井沖の3mラインへ移動。ここも自分の春の定番エリアです。

まずは魚探をかけるとウィードもポツポツ残っており水色もいい感じ。結局ここでスイムジグを巻き切りましたがノーバイトに終わり、初日は終了しました。

2日目

そして2日目。

この日は午後から雨予報だったため、午前勝負で7時に出船しました。

朝一はマリオット前の取水塔からスタート。

まずはアラバマを1投してからライトテキサスでじっくり狙ってみますが反応なし。

最初は取水塔を撃ってすぐ移動する予定でしたが、魚探をかけると3~4mラインに枯れたウィードがポツポツ残っていたので、もしかしてでスメルトを1時間ほど巻いてみましたがダメ。

次はピエリ前の桟橋へ。

有名な春のスポットなので魚はいるだろうとゴーストで狙ってみましたがこれも反応なし。チェイスはなく見えバスも居なかったので少し早かったのかも知れません。

そのまま南湖に入り、大橋東詰の料金所前をゴーストでチェックしますが無。

さらに少し南下して佐川前の浚渫へ。ここではライトテキサスをメインにかなりの時間を費やしましたがバイトなし。

木浜の水路内で釣れている情報を聞くので間違いなく差してきているはずなんですが世の中甘くないです。

そして11時を過ぎた頃に北風が吹き始めたので、チャンスと思い木浜沖の4mラインへ。ここは2月から釣れているらしく、常に船団ができているスポット。

個人的にあまり船団には入りたくないのですが、背に腹は変えられないのでここでスイムジグを巻き巻き。

ボトムには綺麗なコカナダモが生えており、バスは絶対に居るはずなんですが、連日のプレッシャーのせいか何往復してもバイトは得られず。

すると次第に雨が降り出し、本降りとなってきたところで心が折れてストップフィッシングとしました。

最後に

釣れなきゃおかしい3月の琵琶湖でタコってしまいました。。。

まだまだ修行が足りません。

ではでは👋

¥1,760 (2024/03/18 20:59時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コメント

コメントする

CAPTCHA