バス釣り(スピニング)で使用しているおすすめのPEラインを紹介します。

こんにちは、なっかむです。😎

今回は私が琵琶湖のオカッパリ・ボート問わず、スピニングに使用しているPEラインとショックリーダーをご紹介したいと思います。

愛用しているPEラインはこちら

これまで様々なPEラインを使用してきましたが、最終的に行き着いたのがこのライン。

クレハのシーガーR-18 完全シーバスというシーバス用PEです。

個人的に気に入っている点としては以下の3点。

1)8本編みが2,000円前後というリーズナブルな価格。
2)0,6号がラインナップされている。
3)ステルスグレーというラインカラー。

特に気に入っている点は、3)のラインカラーにステルスグレーという半透明のグレーカラーがラインナップされている点です。

ルアー用のPEラインは主にナイトゲームでの使用を前提としたものが多く、ホワイトやライムグリーンと言った視認性の高いカラーが多く採用されています。

もちろんナイターでシーバスやアジなどを狙う際は非常に見やすく便利なのですが、正直デイゲームのバス釣りにここまでの視認性は必要なく、何よりリールに巻いた時の見た目が気になります。

そして最も気になるのは、ラインの色による釣果への影響です。

ここは意見が分かれる点で、ラインのカラーは色付きだろうがクリアだろうが釣果に影響ないという方も多数おられると思います。※YouTubeで琵琶湖の重鎮も言い切っていました。。。

ただ自分はラインの色は釣果に影響すると思っているタイプです。

少し話は変わりますが、以前私は関東に5年ほど住んでいた時期があり、当時はエリアトラウト(ニジマスの管理釣り場)にどハマりしていました。

そこでよく通っていたのは埼玉県にある朝霞ガーデンという老舗の管理釣り場で、ここは地下水を汲み上げて利用しているため水質は年中クリアの釣り場。

自分は軽めのスプーンを表層でバジングさせて釣るのが得意だったのですが、その際にスプーンの色はもちろん、ラインの色が変わるだけで魚の反応が劇的に変化するのを何度も経験しました

もちろん魚種が違うので何とも言えませんが、私のメインフィールドである琵琶湖北湖は基本クリアウォーター。

さらに見えバスをサイトで狙う際にはラインの存在をバスに悟られないように比重の重いフロロをあえてボトムまで沈めたり、バスにラインが被らないようキャストの角度に気を使ったりします。

という事はバスもラインの存在を多少なりとも意識しているという事ですし、ラインの色の変化で釣果に影響が出るということもゼロではないと思うので、私はこのステルスグレーという地味なカラーのPEを好んで使っています。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

リーダーとノットについて

リーダーを付けずに直結で使用する方もおられるそうですが、私は必ずショックリーダーを付けています。現在使用しているリーダーはクレハのシーガーグランドマックスFXというフロロラインです。

¥1,764 (2022/03/07 21:36時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

このラインは結束強度が強いのはもちろん、しなやかで扱いやすいためヘビキャロのリーダーとしても愛用しています。

やや値段が高いのがネックですが、ショックリーダーとして使用するのは1ヒロ(約1.8m)程度なので、1つ買っておけば意外と長持ちします。

また、PEとリーダーを結束するノットについては堀田式FGノットが一押し。

最初は練習が必要ですが、慣れれば釣り場でも簡単に結ぶことが出来て強度も抜群なので非常にオススメのノットです。

PEにシュッ!!は必須アイテム

自分はラインを巻き替えた際には必ず、モーリスのPEにシュッ!を使用しています。

投げ比べたわけではないので飛距離までは分かりませんが、ライン表面の毛羽立ちに関しては格段に減少するのを体感できます。

またライン表面がコーティングされ滑り易くなるので、ライントラブルやバックラッシュをした際にも多少ですがほどき易くなるのでオススメです。

¥1,409 (2022/03/10 20:25時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

最後に

PEラインは風に弱くトラブルも多いというデメリットもありますが、高感度と飛距離UPという欠点を補うには十分すぎるメリットを持っています。

特に近年流行のi字系は、浮力のあるPEラインと比重のあるフロロリーダーを組み合わせることによって表層のレンジキープが簡単にできるうえ、ロングアプローチも可能と良いこと尽くめです。

これまでスピニングでPEラインを使った事がないという方は、一度試してみてはいかがでしょうか。きっと新しい世界が広がると思いますよ。

ではでは👋

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次