北湖の漁礁で40UP×1本/2022.5.5(琵琶湖ボート)

こんにちは、なっかむです。😎

GWを利用して琵琶湖へ行ってきました。厳しいながらも何とか1本獲れたので書いていきたいと思います。

実はこの日は釣行2日目。

前日は南湖メインで釣りをしましたがバイトすら無く心を折られたので、北湖メインの展開に切り替えました。

朝一は北上し北小松の取水塔と水中遺跡(多分)を狙うことに。

この取水塔は条件的にかなり自信有りだったので、カバスキャとネコリグで時間を掛けて狙うも反応なし。

次は取水塔から岸よりに進んだところにある水中遺跡へ。

ここは水深も浅いためバスの魚影もチラホラ。ネコリグメインで差してきたプリメス狙いをしますがノーバイト。

少し南下し、有名な北小松漁礁へ。

漁礁狙いには微妙な時期ですが、とりあえずのサカマタミドストで狙うとまさかのヒット。笑

漁礁釣れるやん!で引き続きミドストやカバスキャ、ネコリグなどで時間を掛けて狙うもその後は反応なし。

この日はそのまま南下しながら釣りをするプランでしたが、チラッと近江舞子方面を見るとマリンスポーツ多すぎで湖西は釣りにならず。。。

対岸の沖島まで一気に移動することにしました。

到着した沖島エリアは田んぼの代掻きの水が流入して濁り気味。

この濁りには巻きだろうとひとまず岸沿いをアラバマやスイムベイトで狙いましたがノーバイト。

大人気の沖島漁礁もさすがに春はガラガラ。

水深も深く春のエリアではありませんが、北小松漁礁が釣れたこともあって時間をかけて狙いましたがここも反応なし。

最後は岬周りのブレイクをカバスキャで狙ってワンバイトあるもすっぽ抜けで終了となりました。

最後に

2日続けて出船しましたが、40UPが1本と厳しい琵琶湖でした。

最大10連休となった今年のGWですが、前半は天候の優れない日が続き、釣り日和は後半からとなりました。

その間もガイドさんのブログなどを時々チェックしていましたが、あまり釣れてませんね。笑

GWの琵琶湖と言えば北湖・南湖ともにスポーニング真っ盛りで、北湖へ行けるボートアングラーはネスト絡みの釣りで毎年景気の良い釣果写真がSNSに踊るのですが、今年はネスト自体も極端に少ないそうです。

北湖のバス減少に関しては毎年ネストを叩きまくったツケかも知れませんが、南湖は完全に駆除の影響でしょう。

今年は特に多いですが、スポーンエリア沖には数キロに渡る刺網が入り、シャローには電気ショッカーと駆除をしていないエリアを探す方が難しい状況で、釣りをしていても魚っ気があまり感じられない印象です。

貴重な1本を探す釣りも楽しいですが、昔の釣果に慣れ親しんだアングラーにはちょっと物足りない春って感じですね。

ではでは👋

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次