秋の湖西で51cmと小バス多数/2022.10.22(琵琶湖ボート)

こんにちは、なっかむです。😎

今週も秋の琵琶湖に出撃してきました。

先週と同じく湖西メインで狙いましたが、珍しくマシなサイズが釣れたのでポイント含め書いていきたいと思います。

朝はいつもの8時出艇。

日の出もかなり遅くなったので、この時間からが丁度良くなってきました。

朝一は蓬莱にある八屋戸川の河口へエントリー。

この八屋戸周辺は冬でもウィードが枯れずに残るエリアとして知られており、これからどんどん良くなってくるポイント。大昔は真冬でもトップで釣れたらしいです。

メインで使ったルアーはアラバマとフットボールジグ。

6m前後のウィードエッジはアラバマ、それ以上の沖のフラットはジグで狙いました。

まずは河口沖のフラット&沈みものをジグで狙ってみますがバイトがないので、ウィードのエッジ付近をアラバマで流していくとすぐに強烈なバイト。

久しぶりにまともな魚が釣れました。ロッドはビックベイト用に購入したハングアウトですが、アラバマリグとの相性もいい感じです。

その後も八屋戸川から北側にあるエリまでの間を往復しながらアラバマで釣っていきましたが、良いサイズはこの1本のみ。

飽きない程度にバイトはありますが釣れてくるのは子バスのみでした。

次は少し南下して蓬莱浜へ。

ここでも5m付近にあるウィードエッジをアラバマで流してみましたがバイトなし。今年だけかも知れませんが、この辺の魚影は薄そうです。

昼からはさらに北上して先週よく釣れた比良浜へ移動。

サイズ狙いは朝の1本で満足したので、午後からはプラグメインの数釣りに変更しました。

3-5mラインに生えるウィードエリアをトップやミノーで流すと飽きない程度に子バスが遊んでくれ、時折30cmクラスも混じる展開。

トップで釣れるとサイズ問わず楽しいですね。

そしてやや風が吹き始めた夕方はウィードエッジをダウンショットで狙うとこれが爆釣。

サイズはともかく良いスポットに入れば1キャスト1ヒット状態が続き、満足いく釣行となりました。

最後に

場所ムラはありますが、湖西はいい感じに釣れています。

南湖も今年は数が釣れているようなので、どんどん成長してもらって来年は30-40cmクラスがコンスタントに釣れる琵琶湖に戻って欲しいですね。

ではでは👋

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次