ラバージグで50UP/2020.6.6(琵琶湖ボート)

こんにちは、なっかむです。

先週に引き続き、レンタルボートで出撃しました。今回は前回行けなかった赤野井メインの釣行です。

エリア・日時・釣果

エリア:赤野井・下物
日時:2020年6月6日 5:30〜16:00
釣果:51・40×3

まずはシャロースタート

季節の進行具合を見たいので、朝一は下物の2m前後のシャローからスタート。

水面を見るとそこら中ベイトだらけのかなり良い雰囲気なので、朝一はバスジェットでチェック。場所によってはササバモが水面まで顔を出しており、いかにもって感じなんですがそこは不発。。。

次は赤野井一文字前に移動し、クランク・ジャークベイトをウィードに絡ませながら引いてきます。

濁りも入っていてここもかなり良い感じなんですが、2時間ほど粘ってバラシ1本のみ。人も多いしシャローは難しいです。

沖の3.5mラインへ移動

朝の2時間でシャローは見切り、赤野井沖の3〜4mラインへ移動。

ここはカナダモが20cmほど生えており、藻狩がなければ秋までずーっと使えそうなエリア。まずはディープクランクをカナダモにコンタクトさせてはほぐすの繰り返しで狙っていきますが・・・無反応。

ならばと、ワンテンR +2をドラッキング気味でカナダモへ当てていきますが、これも不発。。。

絶対居るはずやのに・・・と釣れても楽しく無いので今回は使う気のなかったアラバマ投入でファーストフィッシュ。

その5分後

さらに10分後

 やっぱりおるやん(笑)

なんなんでしょうね、アラバマって。

魚釣るだけだったら、もう年中コレ投げときゃいんじゃね❓って思ってきます。

午後はジグ1本勝負

とりあえず魚は触ったので、アラバマは終了。

次は何しようとバッカンをゴソゴソしてると・・・大好きなこいつを発見。( ´∀`)

若干早い気がしますが、ジグで釣りたい衝動が抑えきれず、午後はジグ一本勝負に決定。笑

エリアはそのまま赤野井沖。

釣り方は、若干山なりに投げてラインだらだらのフリーフォール。

しばらく放置して喰ってなければ、リフト&フォールの繰り返し。

で、そこから3時間は完全ノーバイト…。

途中アラバマの誘惑がチラつきますが、我慢・我慢のラスト30分でラインがギューン❗️❗️

何とか50UP1本釣って納竿できました。

タックル

【アラバマ・ジグ】

Rod:フェイズ PCSC-72H
Reel:バンタムMGL(右)
Line:シーガーフロロマイスター20lb
Lure:トレジャートラップ+HPシャッドテール3.1inc
  :ビビビマルチ10g(一誠)+デスアダーツインテール(deps)

最後に

アラバマが凄いのか今年が当たり年なのか分かりませんが、とにかくアラバマ投げときゃ釣れる現在の琵琶湖です。

去年のワカサギパターンといい、バスの意識するベイトが完全に切り替わったイメージ。

ただ個人的には、往年のギルパターンが好きなので復活して欲しい・・・。

コロナの影響か、今年はまだ藻狩りが行われていないらしく沖までウィードがいい感じで伸びてます。もしかするとアフターの魚が人の多いシャローにとどまらず、水深のある沖のラインまで一気に移動したのかも知れませんね。

ではでは👋

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次