数釣りを期待して沖島まで遠征するも・・・/2022.7.31(琵琶湖ボート)

こんにちは、なっかむです。😎

7月前半は梅雨っぽい日が続いていましたが、ここ最近は夏全開ですね。本当に毎日くそ暑い日が続くので、癒しを求めて久しぶりに沖島まで遠征してきました。

珍しく早起きして6時には出艇しましたが、気温はすでに30度超えです。

久しぶりのロングドライブを経て、まずは沖島名物の南角へ。

ただ朝一からご覧の船団で、本命の漁礁とハードボトムには入れず。

仕方がないので、少し離れた位置からキャロで様子を伺いますがノーバイト。

ただ漁礁周辺に陣取ったボートはポツポツ釣れていたので、良い場所さえ抑えておけば数は釣れるようです。

1時間ほど粘ったのちに南角を諦め、エレキで少しづつ北上しながら湾内へ。

とりあえずは1本釣りたいので、岸沿いのブレイク沿いをダウンショットでネチネチしてよーやくバイト。

その後も流しながら狙っていきますが、如何せんバイトが遠い・・・。

感覚としては30分に1バイトあるかないかって感じです。

ならばと数釣りは諦めて午後からはサイズ狙いに変更。

スラスイ250でいかにもって感じのロックエリアを永遠流していきます。

これを飽きもせず3時間ほどやっていると、途中沈み岩の影から50後半の魚がバイトしてきましたが、まさかの喰いミスでフッキングせず。。。

その後もチェイスはあるものの喰わせられたのはその1発のみでした。

途中、沖島北角での10mドラッキングやカバスキャなど、思い付く釣りは色々試しましたが反応なし。

日曜ということもあって各所にボートは浮いていましたが、南角以外で釣れているのは見かけなかったので、厳しい日に当たったのかも知れません。

最後に

ガイドさんのブログなどを見ていると島周りまで行けば数は釣れる感じだったので、朝は3桁釣る気でいましたが世の中そんなに甘くないですね。

どうやら更に北の多景島や沖の白石、果ては竹生島まで行かないと数釣りは難しいようです。

ただシチュエーションというか景色は最高の沖島。所有しているボートが小型なので、常に風予報とにらめっこの沖島遠征ですが、秋までにもう一回ぐらいチャレンジしたいと思います。

ではでは👋

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次