おすすめの【ビーズ式ヘビキャロ仕掛け】を紹介します

こんにちは、なっかむです。😎

最近の琵琶湖のオカッパリといえば三又式のヘビキャロが鉄板ですよね。

最近は釣りユーチューバーなどがよく紹介しているので、さらにキャロ人口が増えている気がしますが、実はこの三又キャロの歴史は意外と長く、自分が琵琶湖に通いだした2000年頃にはすでに定番の仕掛けでした。

ただ当時は今のような専用の道具が販売されておらず、海釣り用の三又スイベルにリザーバーシンカーや船用オモリを付けた簡単な仕掛け。

最近は仕掛けも進化し、シンカー側のラインをワイヤー式にするのが琵琶湖のトレンドのようです。

この三又キャロの良いところは自己流の仕掛けが作れるところで、湖西の達人たちは長い年月をかけてオリジナル仕掛けを自作しています。

以前その達人っぽい人にキャロの仕掛けを見せてと話しかけたところ、仕掛けの話だけで1時間近く語られた記憶があり、見せてもらった仕掛けは、超複雑な編み編み仕掛けでした。。。

まぁかく言う私も当時はかなり凝った仕掛けを作って遊んでいたのですが、ロストした時の絶望感と、現地でサクッと仕掛けを作りたいのもあって、ここ10年は海釣り用ビーズを用いた簡単なキャロ仕掛けを愛用しています。

そこで今回は私おすすめのビーズ式キャロ仕掛けをご紹介したいと思います。

目次

ビーズ式三叉キャロにはこれ

まずビースって何よ❓って話から入りますが、これは海釣りのちょい投げや船の胴付き仕掛けなどで道糸からハリスを枝分かれさせたい時に使用するパーツです。

回転ビーズとも呼ばれています。

ただ通常のビーズには難点があり、ビーズに直接リーダーを結ぶことができません。(基本はエイトノットで固定です。)そのため、近距離でフルパワーフッキングをした際にリーダーが抜けるなんて事がたまーにありました。

そこから色々な海用ビーズを買い漁り、よーやく辿り着いたヘビキャロ向きのビーズが、がまがつのスピンリングと言う海用ビーズです。

¥497 (2022/02/27 12:35時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

これはビーズ本体に直接ラインが結べるタイプなので結束強度が抜群

このビーズを使用したキャロで、60後半を2本揚げましたが全く問題ありませんでした。

ビーズ式キャロのリグり方

それではこのスピンリングを使ったキャロ仕掛けの作り方をご紹介します。

まずはメインラインの下から30cmほど上にエイトノットでコブを作ります。

次にスピンリングをメインラインに通します。

最初に作ったコプとリングの5cmほど下に再度エイトノットでコブを作ります。これでスピンリングの固定は完了しました。あとは下側のコブから2〜30センチ下にシンカーを結びます。

最後はスピンリングにお好みのリーダーを結んで完成です。コブの間隔を短くすればリングの位置を固定でき、長くすれば遊動仕掛け風になります。

このビーズ仕掛けの良いところは、三又スイベルだと発生するリーダーとメインラインのヨレが発生しづらい事と、ビーズの自重が軽いのでファーストフォールが非常にナチュラルになることです。

あとは価格も安いのでお財布にも優しい。

ちなみにリーダーの長さですが、自分はまず1ヒロから初めて長いなと感じれば徐々に詰めていく感じ。ただあまり短いリーダーは好きではないので、最低でも1mはとっています。

使用しているキャロセッティング

では私が実際に使用しているセッティングをご紹介します。

メインライン:シーガーR18 BASS 14lb
リーダー:シーガーグランドマックスFX 2.5号
ビーズ:がまがつ スピンリング Mサイズ

メインラインが12〜20lbであれば、スピンリングはMサイズがベストです。カラーはブラックとクリアの2種類があり、お好きな方を使用してください。

フックについてですが、最近はカルティバのマルチオフセットを好んで使っています。

オフセットフックでは珍しいややネムリ形状のフックなのでウィードを拾いにくく、ワームもズレにくいためヘビキャロ向きのフックだと思います。

琵琶湖でのキャロの使いどころ

あとは個人的なキャロの使いどころを少し。

北湖では年中通用するので説明は不要ですが、個人的に1番良い思いをしているのが、南湖でのプリメス狙いです。

南湖は北湖の魚と違って口を使いやすいイメージですが、やはり春のプリメスだけは非常にセンシティブ。警戒心が非常に高く、口を使わせにくくなります。

昔、琵琶湖でプロガイドをされていた前山プロに聞いたことがあるのですが、春のプリメスを狙う際はエレキを極力踏まず、警戒心を与えないように魚探も消していたそうです。

さらにメスのポジションはオスより一段深い、俗に言うファーストブレイクにいる事が多く、そこまでルアーを飛ばす必要があります。

となればヘビキャロの独壇場ですよね。

あとは動かし方にもコツがあり、まずファーストフォールは最低でも1分以上ステイ。ラインはダルダルにしてボトムに這わせてもOKです。

動かす際もとにかくゆっくりで、見えバスをサイトで釣るような感覚で動かします。もちろんある程度ポイントを絞り込む必要がありますが、場所さえ見つければあとは無の境地で誘うだけです。

思い出話ですが、15年くらい前は南湖でのキャロ人口も少なく、半日で40UPを20本などボートを出すよりも釣れた記憶があります。 

ヘビキャロをする際の注意点

どんなルアーもそうですが、キャストする際は周りに人がいないかを十分に確認しましょう。特にヘビキャロはリーダーが長い分、自分が思っている以上にルアーが後ろを通ります。

あとはラインチェックをこまめに行い、少しでも不安があれば面倒ですが結び変えること。これは魚がかかった時のラインブレイクを防ぐ理由もありますが、キャスト時のラインブレイクを防ぐというのが最大の目的です。

自分も昔はあまり気にしていませんでしたが、以前隣の釣り人のキャストしたシンカーがキャスト時に切れて、自分の鼻先を弾丸のごとく通過していった事があります。

もし釣りに関係のない歩行者や子供になんて当たったらそれこそ裁判沙汰で、一生後悔するハメにもなりかねません。

おかっぱりでもボートでもルアーをキャストする際は周りに十分注意し、こまめなラインチェックをお願いします。

ではでは。👋

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次