梅雨入りシーズンから楽しくなる琵琶湖のポッパーゲームとおすすめルアー

琵琶湖で毎年梅雨入りシーズンから楽しくなるのが、水面近くまで伸びてきたウィードパッチを狙うポッパーの釣り。

ローライトや早朝のベタナギ時にポッパーをポコポコしているだけで楽しいのですが、それにバスが水面を割ればもう最高です。

今回はそんな梅雨入りシーズンからハマるポッパーについて書いていきたいと思います。

タックルについて

ロッド

操作性を重視したいので、長さは6フィート台がおすすめ。パワーはウィードから強引に引き離すことも考えてMクラスは欲しいですね。

リール

操作系の釣のため、自重の軽いリールの方が扱いやすいです。またギア比は出来るだけ高いリールを選ぶと釣りの効率は上がるのでオススメです。

¥32,222 (2022/05/18 20:38時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ライン

トップウォーターの釣りなので、比重の軽いナイロンラインがベストですが、ロングアプローチをしないのであればフロロカーボンラインでも問題ありません。

太さは12lb以上を選んでおくと、ファイト中に切られることも無いと思います。

ハマるシチュエーション

曇りか小雨がパラつくローライトが望ましいですが、それよりも無風ベタナギが最高のシチュエーション。もう釣れたようなもんです。

逆に風があり水面が波立っている状況下では、水面が穏やかな風裏を探すか別の釣りをする方がよいでしょう。湖面がウネったらまず釣れません。

狙うエリアについて

狙い目はシャローのハードボトムや浚渫のハンプ上に生えているエビモやササバモのパッチです。

例年GWを過ぎると南湖の水温も20℃を超え、ウィードが日増しに成長していきます。6月にもなれば肉眼で水面まで伸びるエビモやササバモが確認できると思うので、偏光サングラスなどで直接目視しながら狙うのがベター。

7月になり水温がさらに上昇すると、流れの当たりやすい岬周りやボディウォーター付近のウィードが良くなってくる印象です。

また、この釣りのメインウィードとなるエビモやササバモはハードボトムを好んで生えるため、パッチの生えている場所を覚えておくと春のエリアとしても使うことができます。

狙い方

上にも書いた通り、基本的には肉眼でウィードパッチを確認しポッパーを撃っていきます。

アクションのキモとしては着水した波紋が広がりきるまではルアーを動かさないこと。理由は着水したルアーに魚が気付き、浮上するまでの時間を作るためです。

動かす際も素早い首振りはせず、移動距離を抑えたボコッボコッとポップ音を数回鳴らしてからの放置が基本。

バイトはこの放置時にバコッと水面を割ってきますので、この動作を数回繰り返してバイトがなければ次のパッチを撃つといった感じです。

おすすめルアー

それでは実際に琵琶湖で実績のあるポッパーをいくつかご紹介します。

コーリングペッパー/ティムコ

琵琶湖のウィード攻略用に開発されたポッパーです。

ボコッボコッと大きなポップ音と水しぶきが出せるのが特徴で、名前の通り深い場所からでもバスに気づかせコールさせることができます。

ティムコの隠れた名作ルアーの1つです。

¥1,610 (2022/05/18 20:37時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ラウダー70/O.S.P

前に大きく突き出たカップが特徴のポッパーで、ボコンッと大きなポップ音を簡単に出すことができます。

飛距離も出しやすく、非常に使いやすいポッパーです。

¥1,760 (2022/05/18 20:32時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

パルスコッド/デプス

出典:deps

恐らく琵琶湖で1番人気のパルスコッド。

見た目からもわかる大きなポップ音は言わずもがな、ルアー内部にスプリングウェイトを搭載し、ポーズ時にもバスを誘い続けられるポッパーです。

¥1,980 (2022/05/18 20:34時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ポップMAX/メガバス

ポップ音はやや控えめですが、ポコポコと音を立てながらのドックウォークが得意なポッパー。

遠投も効くため広範囲を広く探りたい場合に使用しています。

最後に

梅雨時期の最有力パターンとなるポッパーの釣り。

今年はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ではでは👋

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次