ジャッカル/ライザーベイト009Pをインプレ

こんにちは、なっかむです。😎

今回は最近の琵琶湖釣行でちょくちょく活躍しているライザーベイト009Pについてインプレしたいと思います。

目次

ルアースペック

製品名全長自重価格
RISERBAIT 009P80mm22g1,900円(税別)

自重が22gなのでオンス換算だと3/4ozになります。ヘビキャロで使用するシンカーを単体で投げていると考えれば、そりゃ飛びますよね。

使用タックル

ウェイトが22gと結構あるので、MH〜Hクラスのベイトタックルがベストです。私はハートランドの疾風75(ヘビーアクション)にフロロ14lbのセッティングで使用しています。

日中使うヘビキャロタックルをそのまま使えるのが良いですね。😄

ライザーベイト009のインプレ

圧倒的な飛距離

コンパクトなボティと余計なパーツがないことも相まり、エゲツない飛距離が出せます。飛行時の姿勢もよく、イメージとしてはヘビキャロシンカーを単体でブン投げている感じ。

この飛距離は遥か沖のフレッシュな魚や、ボイルを直撃することができ、特にオカッパリではかなりの武器になります。

遥か沖のド表層を攻められる

このルアーのもう1つ凄いところは、50m・80m飛ばしたとしても沖のド表層を引き波を立てながらナチュラルに引いてこれるところ。

ぶっ飛ぶルアーは確かに他にもありますが、この飛距離でド表層を攻められるルアーはなかなか見当たりません。アクションも破綻しにくく、スローから速巻きまでこなすため、スプーキーなバスから好活性なボイル打ちまで幅広く対応できます。

個人的な動きのイメージは、ラッキークラフトのワンダーを大振りにした感じです。※下に動画を貼っときます。

おすすめは朝夕のタイミング

ホームグランドの琵琶湖でちょこちょこ使用していますが、やはりベイトが浮き出す朝・夕のタイミングに強いです。

ベイトが表層に浮き始めると、仮に水深が10mであってもバスは水面を意識することが多く、トップウォーターでも問題なく釣れてきます。またアクションの割にバイトは結構派手なので、使っていて非常に面白いルアーの1つですね。

最後に

ライザーベイトという新しいジャンルを作った画期的なプラグです。

若干尖ったルアーではありますが、ライザーベイトでないと釣れないシチュエーションは必ずあると思うので、ボックスに1つは入れておきたいルアーですね。

まだ試せていませんが、琵琶湖では9月〜10月に落ち鮎パターンという期間限定イベントが発生します。昔から落ち鮎パターンでは、リップレスミノーの表層をフラフラと泳ぐ動きが強いので、ライザーベイトもかなり効きそうですね。😄

ではでは👋

¥2,081 (2022/03/06 20:25時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次