OSPの新作/Picro(ピクロ)68Fをインプレ

こんにちは、なっかむです。

先日近所の釣具店に行くと、新作ルアーコーナーにお一人様1個限りと書かれたピクロ68を発見😲  最初は買う気がなかったのですが、希少価値の法則に流され気付いたらレジへ。。。

早速週末の琵琶湖で使ってきましたが、想像以上に良かったので使用感などインプレを書いていきたいと思います。

目次

スペック

モデルサイズウェイト価格
フローティング68mm4.4g1,800円(税別)

ピクロ68Fの特徴

ピクロ68の最大の特徴は、ボディ上部に設けられたリップ。このリップが水を受けることで、ルアーが左右へロールする仕組みです。

おぉー画期的!!と思いきやシーバスをやられた事がある方は「あのルアー」を思い出しますよね。笑

そう、シーバスルアーの超名作「ロー○ングベイト」です。←昔お世話になりました。

ただロリべと比較すると、ピクロ68はかなりワイドなリップが付いており、これはしっかり水を噛ませることでスローに引いてもロールが出せるよう設計されているのだと思います。

また、フックについてはRYUGI製のピアストレブルダガー#10が標準装備されています。

結構フックをケチるメーカーが多いのでこれは有難いですね。😄

使ってみた感想

それでは、実際に使用してみた感想を書いていきます。

まず飛距離についてですが、これは少し物足りない感じ。フローティングかつ固定重心、さらにパーツが色々ついているだけあって、向かい風には若干弱いです。

ただ最近のルアーがよく飛ぶだけであって、決して飛ばない訳ではありません。イメージ的には4インチのストレートワームに0.9gのネイルシンカーを刺したネコリグぐらいの飛距離。

ボートなら十分、オカッパリでも全く問題なしです。

次はアクションについてですが、これはもう素晴らしいの一言。下に動画を貼っておきますが、デットスローでもめちゃくちゃ綺麗にロールします。

今回はPE0.6号にフロロ1.5号のリーダーで使用しましたが、ロールの動きがしっかり手元まで伝わるので、水中でのイメージがしやすくバイトも明確にわかりました。

また上部のリップがしっかりと水を噛むため、多少風があってもデットスローに引け、ルアーのコース取りも容易に行えるため、操作性にも非常に優れたルアーだと思います。

先行深度ですが、ロッドを立てて巻くと表層から15cmほどを泳ぎ、寝かせると50cmほど下をトレースできます。←計った訳ではないのでイメージです。

フローティングの記載だったので、バジング的な使い方をイメージしていましたが、意外と潜る感じ。

デットスローからそこそこの速巻き(高速巻きは動きが破綻するので不可でした)でも使用できたので、可動域はかなり広いルアーだと思います。

琵琶湖のおかっぱりで使用した結果

琵琶湖の北湖で使用してきましたが、ピーカン無風の条件でもバスの反応は上々で、3時間ほど使用して二桁釣果でした。←ほぼ小バスですけどね。

特に反応の良かった使い方は、ロッドを立ててi字系を引く感覚でスローリトリーブ。僅かにロールの振動がロッドティップに伝わる程度のスピードです。

バイトの出方はゴン‼️やゴゴン‼️と結構強烈なものが多く、完全にエサとして襲いにきている感じでした。

メーカーHPにある、バスの異常なまでの反応という言葉もあながち間違いではなさそうです。

最後に

七色ダムがメインフィールドである山岡プロ監修というだけあって、かなり完成度の高いルアーだと思います。

今年は空前のi字系ブームで、各メーカーから様々なi字系ルアーが発売されていますが、水面ロール系のルアーはあまり見かけません。

i字系は確かに釣れますが、さすがに毎日投げ続けられれば当然バスもスレますし、魚の目先を変える意味でもかなり有効なルアーだと思います。

南湖のワカサギパターンや秋口の落ち鮎パターンでもかなり効きそうですね。

ではでは👋

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次