コンバットスティックフェイズ /PCSC-72H(ディッガー)をインプレ

こんにちは、なっかむです。😎

今回はボート釣行の際に必ず積んでいるロッド、コンバットスティックフェイズのディッカー(PCSC-72H)のインプレをしたいと思います。

目次

スペックと外観

モデル :PSCS-72H
全長  :7フィート2インチ
ルアー :3/8-3oz
ライン :12-25lb
プライス:¥49,000-

出典:エバーグリーンインターナショナル

最近のロッドには珍しいストレートグリップで、リールシートからエンドまでの長さは280mm。

この長さがなかなか絶妙で、ムービング系ルアーを使用する際に脇へグリップをしっかり挟めるため、抵抗のあるルアーを使用してもリーリングがとても安定します。

そこまでメリットは感じませんが、持ち運びに便利なグリップ脱着式になってます。

琵琶湖で釣りをする上での必須番手

近年はフィネス化が進んでいるとは言え、琵琶湖で釣りをするにおいては7フィート台のヘビークラスロッドはもやは必須番手で、どのアングラーも必ずと言って良いほどボートデッキに積んでいると思います。

そんな中で自分はフェイズのディッカーを愛用していますが、その理由としてはやはり汎用性の高さ。

全体的に粘りのあるローテーパーなロッドで、Hクラスで扱えるルアーであれば巻物〜底物まで1本で器用にこなしてくれます。

本当は各々の釣り方に特化したタックルを組むのが好ましいのでしょうが、そんなに多くのタックルは自分のボートには積めませんし、多くても8セット以内に納めたいですしね。

南湖メインのボーターにドンピシャなロッド

年中湖上に浮いている琵琶湖ガイド監修ということもあり、特に南湖の沖の釣りにはドンピシャなロッドだと思います。

やや長めのグリップはややウェイトのあるルアーでもしっかり飛ばす事ができるため、ミドルからロングキャストを多用する釣りに最適。ショートピッチに撃っていく釣りには不向きですが、ドーンと飛ばして脇にグリップを挟みグリグリ巻いてくる釣りにとても向いています。

またコンバットスティックらしい硬くても曲がるテーパーは、ジグなどをウィードへ適度にスタックさせやすいのも特徴。

ウィードフラットを広く探る釣りと点で誘う釣りのどちらにも対応できるロッドです。

良く使用するルアー

自分がこのロッドでよく扱うルアーですが、巻物だとアラバマリグ・マグナムクランク・2ozまでのビックベイトやスイムベイトなどです。

ワーミングだと、夏のウィードフラットでのハネラバやライトカバーでのパンチショットなどが気持ちよく扱えています。

とりあえずノーマルかハイギアリールにフロロの20lbを巻いてセットしておけば、ヘビーロッドで扱うウェイトのルアーはほぼ扱う事ができると思いますよ。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回はボートで愛用しているフェイズ ディッガーのインプレをしてみました。

良ければ参考にしてもらえると幸いです。

ではでは👋

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次