MENU

もはや漁具!トレジャートラップのインプレとお勧めワームを紹介

こんにちは、なっかむです。😎

自分はもともとアラバマ系リグがあまり好きではなかった(ビジュアル的に)のですが、近年のベイトの変化や個体数の減少などに伴い、アラバマリグの使用頻度がかなり高くなってきました。

そこで今回はアラバマ系の中でも実績の高い、ドリームエクスプレスルアーズのトレジャートラップをインプレしたいと思います。

目次

基本セッティングについて

トレジャートラップは市販のアラバマには珍しく、ワイヤーが開いた状態で販売されています。開発者の庄司プロいわく、この角度が一番釣れる形なので覚えておいて下さいとの事。

なんかコダワリ感があって良いですよね。

組み合わせるジグヘッドには、同じくドリームエクスプレスから発売されているアイアンクローがおすすめ。セッティングは付属の説明書通りでセンターと下部に3g、その他のアームに2gをセットしています。

このアイアンクローはショートシャンクのフックを採用しており、おかげで小型ワームがセットしやすく非常に使いやすいのですが、如何せん流通量が少ない。 トレジャーも然りですがとにかく売ってません。。。

なので消耗品であるジグヘッドに関しては、ジークラックのコーンヘッドJrでもOK。こちらも同じくショートシャンクのジグヘッドなので小型ワームもセットしやすくお勧めです。

そして欠かせないのが、同じくドリームエクスプレスから発売されているノントラボーという絡みどめパーツ。

これは装着するだけで糸絡みやエビ率がかなり抑えられる優れものなので見つけたら即買いをお勧めします。

琵琶湖での使いどころ

トレジャートラップが優れているのは、ムービング系リグでありながら喰わせ能力が非常に高い点。

気になるエリアを流しながら釣っていき、魚影の濃いやラインに当たるとすぐに反応が出るため、魚を探すルアーとして非常に重宝しています。

またクリアアップにも滅法強く、クランクやチャターでは見切られてしまうシチュエーションでもしっかり魚を連れてきてくれるので、今の所これ以上のサーチベイトは知りません。

ディープクランクを一通り流した後にトレジャーを投入すると連発なんてこともザラにあり、クランク好きの自分としてはなんだか悲しい気分になります。。。

狙うエリアとしては、沖のウィードフラットやエッジ、西岸のチャンネルラインなどで主に使用しています。逆に2m未満のシャローエリアでアラバマすることはほとんどありません。

また、下物や木浜の浚渫内を釣っていて魚探にやたらとベイトが映る際は、ひとまずトレジャーを通してみてください。タイミングが良ければバタバタっと釣れることがありますよ。

基本はただ巻きでOK、フォール中のバイトに注意

アクションは基本的にただ巻きでOKです。狙うレンジによってカウントダウンさせてから巻き始めます。

通常のセッティングだと2秒で1mほど沈むため、水深4mでウィードトップが2mだと3〜4秒ほどカウントしてから巻き始める感じです。

ただしフォールと言ってもラインをダルダルにするフリーフォールではなく、ラインを若干張り気味でカーブフォールさせながら落としていきましょう。

というのも、最初のフォール中のバイトが意外と多く、アワセを入れないとフッキングしないリグのため貴重な一匹を逃すことになりかねません。

バイトの出方はリトリーブ中のコン当たりがほとんどですが、まれにルアーの重みがなくなる消える魔球バイトがあるので注意が必要です。

フッキングは巻き合わせ・フルフッキングのどちらでもOK。自分はバイトを感じたら即フルフッキングしています。

組み合わせるワームについて

私のイチオシは、O.S.PのHPシャッドテール3.1インチです。

サイズは3.1インチと小さめながらアピールは強めで、スローで巻いてもブリブリ動きます。正直あまりワームで迷いたくないのと実績は抜群なので今はこれしか使っていません。

カラーな自分が釣れそうと思う色で良いとおもいます。

またトレジャートラップ と言えば、ケイテックのスイングインパクト3.5インチが超定番。

ロールを抑えたややおとなしめな動きですが、このアクションは氷魚パターンで効くらしいので、冬から早春にかけて試したいワームですね。

タックルについて

ロッドは7フィートクラスの硬さはミディアムヘビーからヘビークラスのロッドが使いやすいと思います。

リールについては好みもありますが、ノーマルギアか出来ればローギアリールがリトリーブも安定し、巻き抵抗も軽くなるのでオススメです。

またラインは最低でも16lbは欲しいところ。私はフロロカーボンの20lbで固定しています。

最後に

一応インプレ記事なので、トレジャートラップの欠点を少しまとめてみました。

・ロストした際の絶望感が半端ない
・濁りが強い時はあまり効かない
・釣れすぎるのでトレジャートラップ 一辺倒になってしまう

まず1セットで5千円近くかかる為、ロストした際の喪失感は半端ないです。

私の通う琵琶湖は比較的根掛かりが少ないフィールドですが、何もないフラットエリアでも稀に謎の根掛かりが発生します。出来れば根掛かり回収機は持っておきたいですね。

またささ濁りなら問題ないですが、あまりに濁りが強い時はそこまで釣れない気がします。逆にそのような時は迷わずクランクを投げましょう。

最後の釣れすぎる件については、正直トレジャートラップの釣る力が強すぎて、もうこれだけ投げときゃええやんという感覚に陥ることがあります。

もちろん1つのルアーを投げ続けることで見えてくることも多いのですが、次第に飽きてくるというかルアーに釣らせてもらった感が強すぎるので、その点では注意が必要です。

ではでは👋

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次